【国内初】デンマークのウェルビーイング学校フォルケホイスコーレとの連携プログラム。震災から10年に向けた東北からのチャレンジ

特定非営利活動法人SET(所在地:岩手県陸前高田市 代表理事:三井俊介 以下SET)は、岩手県陸前高田市広田町にて2017年10月から国内初のウェルビーイングを学べる学校「Change Makers' College」を運営しています。これまでに過去3回のプログラムを実施しました。同校は2020年3月より国内初のデンマーク学校フォルケホイスコーレと連携した留学プログラム「ワールドキャンプノーシュンス」を開始します。それに伴いワールドキャンプノーフュンスの参加者を5名募集します。

「ワールドキャンプノーフュンス」とは世界中の未来のリーダーを募り、グローバル&ローカルリーダーシップを育成するプログラムです。世界一幸福の国と言われるデンマークの学校フォルケホイスコーレにて12週間、「サスティナビリティ」や「リーダーシップ」について学びます。その後、0からのまちづくりを行う陸援高田市広田町で実際に地域に入り込み、デンマークで学んだことを活かした6週間のアクティブラーニングを実施します。

世界幸福度ランキングで常に上位に位置するデンマークの学びと、東日本大震災により30年先の未来になったと言われる課題先進地での実践を通じ、グローバルに考えローカルに落とし込める人材を育成することを目指します。

また、人材育成だけではなく、世界一幸福な国と評されるデンマークの文化やノウハウからウェルビーイングな地域づくりに向けたアウトプットが出せることを狙います。

SETでは、2011年4月より陸前高田市広田町にて震災復興活動をしてきました。さらに2013年からは震災復興から地域づくり×人材育成を目的としたプロジェクトに取り組み始めました。
今回は、デンマーク流の学びが、陸前高田という稀に見る状況に見舞われたフィールには共通するも価値観や考え方が存在していることに着目し、プログラムを協働実施しています。東日本大震災10年目に向け地域の持つ可能性を拡げ、未来を担うグローカルリーダー育成を行ってまいります。

関連記事一覧