100%カカオフルーツのみから作られたホールフルーツチョコレート製品「EVOCAO™(エヴォカオ)」、日本でカカオバリー®ブランドより9月から発売開始

バリーカレボージャパン株式会社(本社:群馬県・高崎、代表取締役社長 パスカル・ムルメステール)は、バリーカレボー(本社:スイス・チューリッヒ、CEO アントワーヌ・ド・サンタフリーク)が発表した100%カカオフルーツのみから作られたホールフルーツチョコレート製品「EVOCAO™(エヴォカオ)」が、日本でカカオバリー®ブランドより9月から発売開始となることをお知らせいたします。
「EVOCAO™(エヴォカオ)」は、フランス、イギリス、イタリア、カナダ、アメリカ、ブラジル、そして日本の合計6カ国限定で、6月8日(火)より順次、欧州より出荷されます。その他の国では、2021年12月以降に出荷予定です。

今回のリリースのポイント
●        ホールフルーツチョコレートは、従来のチョコレートが使用しているような砂糖、レシチン、バニラを使用せず、100%カカオフルーツのみから作られたチョコレート。
●        自然なカカオフルーツの新鮮さが感じられる、他に類を見ないフルーティーな味わいが特徴。
●        カカオフルーツのなかでこれまで廃棄されてきた果肉の部分、皮の部分を捨てずに再活用=”アップサイクル”し、100%持続可能な方法での調達を実現。新たな収入源として、農家の人々の生活の質の向上にもつながります。健康的な楽しみを求めるミレニアル世代やZ世代を満足させたいというシェフやショコラティエ、パティシエたちのニーズに応えます。
●        世界のシェフ30人以上が開発に参加。

ホールフルーツチョコレートは、砂糖、レシチン、バニラを使用せず、サステナブル(持続可能な)方法で作られています。これにより、これまでにない特徴的な香りを生み出し、多くの新しいフレーバーチョコレート開発の可能性を引き出します。2019年に「100%カカオ成分のみでチョコレートを作る」というコンセプトを初めて発表してから、多くのシェフが求める味や成分の高い水準を満たすため、開発に2年を費やました。

新商品「EVOCAO™(エヴォカオ)」は、サステナブルな製品が求められる現代のトレンドと生活者の願望にお応えし、チョコレート業界に大きな革新をもたらすことができると考えています。また、カカオバリー®「EVOCAO™(エヴォカオ)」は、バリーカレボーから初めてとなるホールフルーツチョコレート製品であり、2022年には他ブランドのホールフルーツチョコレートも発売予定です。

カカオバリー®のクリエイティブディレクターであるシェフのラモン・モラト氏はホールフルーツチョコレートを、単なるチョコレートではなく、一つのムーブメントとして捉えており、以下のように述べています。「ホールフルーツチョコレートは、サステナビリティ、ゴミの削減、アップサイクル、そして健康的な食生活など、地球をより大切にするとはどういうことなのか、など人々の生活がどうあるべきかを考えるきっかけとなると考えています。さまざまなチョコレート・カカオ製品のレシピを考える過程で、私たちは「2025年までに100%サステナブルなチョコレートを提供する」というコミットメント・思いを皆様により明確にお伝えするべきだと気づきました。このホールフルーツチョコレート『EVOCAO™(エヴォカオ)』発売をきっかけに、今後も皆様に我々の思いを伝えてまいります。」

ホールフルーツチョコレートとは
100%天然のカカオフルーツのみを使用し、従来のチョコレートが使用しているような砂糖、レシチン、バニラは使用されておらず、自然なカカオフルーツの新鮮さが感じられる、他に類を見ないフルーティーな味わいです。これまで廃棄されてきたカカオフルーツの果肉の部分、皮の部分を捨てずに再活用=”アップサイクル”し、100%持続可能な方法で調達しています。新たな収入源として、農家の人々の生活の質の向上にもつながります。健康的な楽しみを求めるミレニアル世代やZ世代を満足させたいというシェフや職人のニーズに応えます。

ホールフルーツチョコレート「EVOCAO™(エヴォカオ)」の特徴
カカオバリー® ブランドから初めて発売となる、ホールフルーツチョコレート。自然な酸味とエキゾチックなフルーツを思わせるフルーティーな香りが特徴。カカオフルーツの風味と自然な新鮮さが表現されており、その力強いカカオ感とあいまって、現在市販されているチョコレートと比較できないほどにパワフルな味が楽しめるチョコレートです。

【バリーカレボーグループについて】
2018/19年度年間売上高約73億スイスフラン(65億ユーロ/74億USドル)の売上を誇る、世界有数の高品質チョコレート製品およびココア製品の製造会社。スイス・チューリッヒに本社を置き、世界60近くの製造工場、約12,000人の従業員を抱えています。

「カレボー®」や「カカオバリー®」などのグローバルブランドを持ち、食品メーカーや、チョコレートを使用する職人(ショコラティエ、パティシエ、ベーカリー、ホテル、レストランのシェフなど)に向けてチョコレートを始めとしてフィリング、デコレーション、コーティング、ナッツ類などの製品も提供しています。

<フォーエバーチョコレートとは?>
バリーカレボーグループでは2025年までに生産者の生活・生産性を向上させ、児童労働をサプライチェーンから根絶し、自然環境を保全する、サステナブルに調達された原材料を使用したチョコレートを当たり前にする「フォーエバーチョコレート」という目標を掲げています。この目標達成のため、世界中のお客様・NGO団体・業界に携わるすべての人にとって、サステナブルなチョコレートの楽しみ方を提案しています。バリーカレボーグループはココアとチョコレートのサステナブルな未来を目標としているココアホライズン財団をサポートしています。

会社概要
社名       :バリーカレボージャパン株式会社
住所       :本社 群馬県高崎市宮原町2-1
東京支店 東京都品川区大崎2-11-1 大崎ウィズタワー21階
代表取締役社長:パスカル・ムルメステール
HP         :http://www.barry-callebaut.com

【本件に関する報道関係者からのお問合せ】
バリーカレボージャパン広報事務局 (カーツメディアワークス内)
担当 : 田口、小石
TEL : 03-6427-1627  FAX : 03-6730-9713
メールアドレス : barry-callebaut@kartz.co.jp

関連記事一覧