儚くも美しい感涙必至のラブストーリー『彼女が花に還るまで』5月13日発売! 小説の世界を表現した動画も公開

第4回 双葉文庫 ルーキー大賞 受賞作!

第 4 回双葉文庫ルーキー大賞を受賞した、 期待の感動作『彼女が花に還るまで』が5月13日に発売されました!

本作品は平凡な大学生の谷村温人(たにむらはると)と、花のように儚い花守木綿子(はなもりゆうこ)の切なくも温かく、そしてなにより美しい、ふたりの純愛を描いた小説となっております。

「きっと後悔します。私と出会わなければよかったって。」と言った 木綿子が抱える秘密とはなんなのか、 彼女を待ち受ける逃れられない運命とは......。

細かな心理描写や、情景が目に浮かぶような表現に引き込まれる作品。 心温まる物語に涙を流したい方には気に入っていただけるかと思います。

さらに繊細なタッチのイラストで木綿子を描いた動画を発表! 物語から抜き出した言葉を歌詞にしたオリジナル楽曲や、木綿子の” 涙” の表現は注目です。

双葉社公式 YouTube チャンネル(https://www.youtube.com/user/FutabashaStaff/videos)にて、 公開中です。
https://youtu.be/qVeCbp9MQp8

© 石野 晶 / 双葉社

著者プロフィール

石野 晶(いしの あきら)
1978 年岩手県生まれ。
岩手県立伊保内高校を卒業後、2007 年『パークチルドレン』( 石野文香名義 ) で 小学館文庫小説賞を受賞、
2010 年には『月のさなぎ』で日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞する。 瑞々しい自然の描写と、繊細な感情の表現に定評がある。 ほかの著作に『生者の行進』『水光舎四季』。

著者コメント

発売にあたり、著者の石野晶氏よりコメントが到着!

「岩手の風景と花々を、物語りに閉じこめました。岩手の風を感じてください。」

石野氏によって撮影された写真。
(石野氏の Twitter より:https://twitter.com/ishinoakira_78)

著者撮影

作品のキーワードでもありカバーイラストにもなっている「ナノハナ」。 現実のナノハナとカバーイラストのナノハナがリンクしどこまでも広がっていく様は、 まるで2人の愛の可能性を表しているかのようです。 全編を通して数多くの花が表現されている本作。 なかなか気軽に外へ行けない今、少しでも、花の香りや自然を感じて頂けましたら幸いです。

作品概要

『彼女が花に還るまで』(双葉社)(文庫) 著者:石野 晶 2021年5月13日(木)発売

■Introduction
大学生の谷村温人は、ある日、同じ大学に通う学生で、 どこか花のような儚さを思わせる花守木綿子と出逢う。 花見をしたり、ナノハナ畑を見に行ったりと一緒の時間を過ごすうち、 徐々に木綿子に惹かれていく温人は、想いを伝えることを決意する。 しかし、木綿子は決して人には言うことができないある秘密を抱えていた̶̶。 切なくも温かく、そしてなにより美しい、唯一無二の愛を描いた落涙必至の感動作 !

双葉文庫ルーキー大賞とは

「小説界の新しい才能(ルーキー)を見つけ出そう」として、
2019 年 6 月より開始した双葉文庫の公募文学賞。
<WEB サイトから簡単応募。編集者が選び、おもしろければ即、双葉文庫で刊行!> と間口を広げることで、より多くの素晴らしい作品を世に出していこうと開始しました。 締切りはなくいつでも募集しております。

▼詳細はこちらより。双葉文庫ルーキー大賞サイト

https://www.futabasha.co.jp/rookie_taisho/

<本件に関するお問い合わせ先>

株式会社レア・グルーヴ 濵田 【TEL】070-1260-6572【Email】hamada@rare-groove.jp

株式会社双葉社 三田村 【TEL】070-5460-2508【Email】e-mitamura@futabasha.co.jp

関連記事一覧