ツアーベース 『その日に送れる感動を』当日配送オンラインプラットフォームスタート 観光物流プラットフォーム運営

観光物流プラットフォームの運営を手掛けるツアーベース株式会社は、2020年1月20日より観光客の荷物を繋ぐオンラインCtoCサービス「TOUR BASE」の提供を開始。
当日配送という圧倒的に利便性の高いサービスの実現により、観光地を中心にオーバーツーリズム問題及び物流の課題を解決。

◯TOUR BASEサービスサイト
https://www.tourbase.jp/
◯サービス紹介動画
https://www.youtube.com/watch?v=oY_ZbYFKorw&feature=youtu.be
◯企業様用ページ
https://www.tourbase.co.jp/

当日配送のオンラインプラットフォーム「TOUR BASE」とは

「荷物を運んで欲しい人」「荷物を運びたい人」をその日に繋ぐ日本初のオンラインサービスです。
観光客に手ぶらで観光を楽しんでもらうだけでなく、観光地の交通機関や道路の混雑を緩和し、より日本の観光を盛り上げます。
また難易度が高い「当日配送」をテクノロジーとCtoCマッチング(シェアリングエコノミー)で実現することによって、物流業界にある課題解決にも取り組んで参ります。

観光客・荷物を取り巻く環境

オーバーツーリズム問題の一つに交通機関や道路の混雑が大きなものとして挙げられます。
訪日外国人を中心とした観光客が今後も増加する中で、観光客の荷物問題はますます深刻になっていくことが想定されます。例えば、
観光客:コインロッカー不足やコインロッカーに荷物を取りに戻るわずらわしさ等の課題
宿泊施設や交通機関:荷物の増加に伴うコスト負担、電車バスの遅延等の課題
というような問題が数多く存在しております。
しかしながら世の中にある既存のサービスだと「事前予約をしなければならない」「当日配送は価格が高い」といった点からなかなか浸透しませんでした。

その課題解決を図るべく、ツアーベース株式会社ではなお荷物の一時預かりと配送サービスの利便性向上と更なるサービス拡大を目的に2020年1月20日よりTOUR BASEの提供を開始。

TOUR BASEの特徴

①当日での予約受付を実現
宿泊施設のチェックイン・アウト、買い物の途中など「その日に依頼しその日に配送完了」が可能となります。

②CtoCマッチングによる荷物単価の向上
一般的な荷物と比較し、荷物1個あたりの単価が高いため、運びたい人のインセンティブが圧倒的に強いサービスとなります。

③自社店舗の配置
単にプラットフォームを提供するだけでなく、主要観光地には自社店舗を構え、緊急事態にも柔軟に対応できる体制を取っております。
ツアーベースでは2019年4月より当日配送サービスをアナログな方法で展開しており、データ収集やオペレーションのノウハウ蓄積を行ってまいりました。

今後の展開

現在は京都・大阪のみで使用可能となっており、既に提携済の施設様(約400施設)は随時追加していきます。
また今年東京に進出するにあたって更なるアライアンスの強化を実行し、TOUR BASEを旅行のスタンダードにします。
加えて、本サービスについて他の業界からも依頼が来ており、観光業以外にもフィットするようであれば展開を考えております。

観光物流オンラインサービス「TOUR BASE」 概要

名称:TOUR BASE
概要:当日配送を実現するオンラインCtoCプラットフォーム
◯TOUR BASEサービスサイト
https://www.tourbase.jp/
◯サービス紹介動画
https://www.youtube.com/watch?v=oY_ZbYFKorw&feature=youtu.be
◯企業様用ページ
https://www.tourbase.co.jp/

ツアーベース 概要

社名      ツアーベース株式会社
所在地      京都市下京区東塩小路町607 辰巳ビル5階
代表者名  代表取締役CEO 大岡 周平
設立   2018年12月
資本金  1億円
URL https://www.tourbase.co.jp/

Infinity編集部のコメント

観光する時にどうしても荷物が邪魔になってしまいますよね。

手荷物を気にせず、観光できるサービス「TOUR BASE」。旅行の際は利用してみてはいかがでしょうか。

会社概要
ツアーベース株式会社
ソース:プレスリリース[PR TIMES]

関連記事一覧