次世代エネルギーエコシステムの構築を目指す!台湾発IoT企業NextDrive、「Mizuho Innovation Adward」を受賞

2017年に設立されたNextDrive 株式会社(東京都港区、代表取締役:顔 哲淵、石 聖弘)はスマートエネルギーマネジメントを中心にソリューションを提供する企業です。この度、株式会社みずほ銀行が有望なイノベーション企業を表彰する「Mizuho Innovation Award 2019」を受賞致しました。

 

IoT・ビッグデータ・AI時代の到来により経済・社会は急速に変化し、新しい事業も次々誕生しています。イノベージョン企業の成長を加速的に支援するため、みずほ銀行は「Mizuho Innovation Award」を創立し、四半期ごとに、ビジネスモデルの優位性、チーム力、成長可能性などを評価の軸として対象企業を選定し、表彰します。なお、受賞企業には、大企業とのビジネスマッチングなど各種サポ ートを実施し、イノベーション企業の成長を力強く支援します。

台湾発のイノベージョン企業NextDriveは、IoTとエネルギー技術を統合して2017年にスマートゲートウェイCubeと専用アプリEcogenieを開発し、日本のエネルギー業界に参入しました。現在では、大手のエネルギー関連会社と連携しており、各分野のサードパーティー企業や大学との協業開発も進んています。

Cubeとスマートメーターの連結により、アプリEcogenieで誰でも気軽に電力消費実績が見えます。その他、ソーラーパネル、蓄電池などのエネルギー装置と連携することで、見える化だけではなく、「ワンタップ」で最大限のパフォーマンスで稼働させることもできます。近い将来、エネルギーテーダ分析のサービスと組み合わせて、コミュニティエネルギーマネジメントシステム(Community Energy Management System;CEMS)を構築し、地域全体の電力管理・調達も可能になります。

NextDriveは「電力を賢く使う」ことを目標に、より効率的な電力運用のため、開発に力を注いでいます。将来、誰でも簡単にエネルギーを管理できる次世代エネルギーエコシステムの構築を目指しています。

【NextDrive 株式会社について】
NextDrive 株式会社は、IoTとエネルギー技術を融合させ、「電力を賢く使う」というライフスタイルを目指しています。ソフトウェア、ハードウェアとクラウド技術の統合サービスを通し、様々の使用シーンに合わせてカスタマイズ可能なエネルギー管理とIoTソリューションを提供し、より効率的な省エネ生活を実現します。

名称:NextDrive 株式会社(親会社:台湾台北市 聯齊科技股份有限公司)
所在地:東京都港区西麻布 3-19-22
設立:2017 年 1 月
代表者:代表取締役 顔 哲淵(Jeryuan Yan)、 石 聖弘(Shawn Shih)
事業内容:IoT 分野における無線ネットワーク電子機器及びセンサーデバイス製品開発、 IoT サービスに関するソリューション、HEMS ソリューションの開発、販売及び提供
URL:https://jp.nextdrive.io/

【問い合わせ先】
NextDrive 株式会社 カスタマーサクセス部(担当 李)
Tel: 03-6432-9616
email: contact@nextdrive.io

関連記事一覧