クラウドプロフェッショナルサービスの市場規模、2026年に370億米ドル到達予想

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「クラウドプロフェッショナルサービスの世界市場 (2026):サービスタイプ (コンサルティング・統合&最適化・実装&移行・アプリケーション開発&近代化)・組織規模・展開区分・産業・地域別」 (MarketsandMarkets) の販売を510日より開始いたしました。

クラウドプロフェッショナルサービスの市場規模は、2020年の142億米ドルからCAGR17.2%で成長し、2026年には370億米ドルに達すると予想されています。同市場の成長を促進する主な要因としては、クラウドサービスプロバイダーからのサービス提供の増加、デジタル化のニーズの高まり、複雑なクラウド環境への対応、COVID-19の流行によるクラウドへのパラダイムシフトなどが挙げられます。

COVID-19のクラウドプロフェッショナルサービス市場への影響

COVID-19では、従業員の安全を確保する必要性から、多くの企業が規制やポリシーの変更を余儀なくされました。ビジネスを混乱させた最大の原因は、以前のように労働力を移動させたり、人事を調整したりできなかったことにあります。企業は現在の機能のあり方を変え、業務上の選択を再考する必要に迫られています。例えば、ホワイトハウスは、COVID-19ハイパフォーマンスコンピューティングコンソーシアムの設立を発表し、COVID-19の研究者に最も強力なハイパフォーマンスコンピューティングリソースへのアクセスを提供しています。

牽引要因:クラウドプロバイダーによるサービス提供の増加

クラウドの急速な普及は、事業者が提供する様々なサービスにも起因しています。CPSベンダーは、AIやMLなどの新技術をクラウド・プラットフォームに統合して提供することで、顧客のためのエコシステムを構築しています。効率性の向上、コストの削減、リスクの軽減、競争の激化などのメリットにより、企業はクラウドプロフェッショナルサービスを選択するようになっています。クラウドサービスプロバイダーとCPSベンダーは、クラウドの導入をシームレスなものにするために、戦略的なパートナーシップを結んでいます。

抑制要因:規制遵守の問題

クラウドでサービスを提供する企業は、金融サービス、公共部門、ヘルスケア、通信など、さまざまな業界とビジネスを行っています。業界固有の規制や、その他の要件や基準は進化しています。しかし、業界特有の法律、規制、解釈上の立場により課されるコンプライアンスコストやその他の負担は、お客様のソリューションやサービスの利用や導入を制限し、全体的な需要を縮小させる可能性があります。また、これらの規制を遵守するために、サービスプロバイダーは特定の顧客をサポートする膨大なリソースを必要とする可能性があり、コストを増やし、販売サイクルを長期化させる可能性があります。

【 当レポートの詳細目次 】

https://www.gii.co.jp/report/mama998828-cloud-professional-services-market-by-service-type.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】

販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション

Tel:044-952-0102

e-mail:jp-info@gii.co.jp

URL:https://www.gii.co.jp/

〒215-0004

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

関連記事一覧