漆が浮遊するクリスタルガラスの骨壷位牌

ガラス骨壷位牌「しずく」

「しずく」はガラスの内側に天然漆を塗った小さな骨壷位牌です。内側にお骨や思い出の品を入れてお祀りするだけではなく、そのまま単独で位牌としてもお祀りいただけます。

ガラスは透明度と屈折率が高く、重量感のあるクリスタルガラス。透き通った水の結晶のような輝きが、重厚さに清廉さを添えています。
髹漆は創業100年を超える彦根の漆塗り師。透き通った結晶のようなガラスの中に浮遊する天然漆が遺骨や思い出を優しく包みます。標準的な黒漆と朱漆に加え、紫の色漆を揃えました。伝統的な高級仏壇と同じように、ひとつひとつ丁寧に手で塗り上げ、室でゆっくりと乾かして仕上げています。

新素材の位牌の場合、常に課題となるのは文字彫りです。通常の産地では文字を彫れないため、実はガラス位牌はかなり難度があります。しかし彦根にはガラスに金文字を彫る技術があり、長年に渡ってガラス位牌を扱ってきた実績もありました。「しずく」は経験豊富な彦根仏壇 柒+(nanaplus)だからこそ漆とガラスを掛け合わせることができた、独創的なガラス骨壷位牌です。

しずく 黒

漆を代表する黒をクリスタルガラスの中に塗ったもの。真っ黒で重厚な漆の塊が、クリスタルガラスの中に浮遊するように見せています。
上部は、鉄刀木に似る「ウェンジ」と呼ばれるマメ科の銘木。黒と茶色のコントラストの強い木目で、硬く耐久性がある高級木材です。

しずく 朱

黒漆と並び、漆の代表的な朱を塗ったもの。ナナプラスを代表する昨今の現代的なモダン仏壇に合わせて、清涼で暖かい雰囲気を抱く配色にしています。
上部はヒバと呼ばれる、緻密な肌目で明るい淡黄色の木です。耐久性に優れ、寺院建築や伝統的な仏壇やモダンな仏壇にも良く使われています。

しずく 紫

黒と朱に加え、紫の色漆で内部を塗ったもの。紫は高貴な色とされ、仏事でもよく使われます。上部は「しずく 朱」と同じヒバを合わせて、上品で優しい雰囲気としました。

金の文字彫り

ガラス表面には金の文字を彫ることができます。
ガラスへの文字彫りは特殊な技術が必要になることが課題でしたが、彦根はガラス位牌を扱ってきた実績もあり、安心してご依頼いただけます。

ガラス骨壷位牌『しずく』 DATA
Material: クリスタルガラス、天然漆、天然木(黒:ウェンジ/朱:ヒバ/紫:ヒバ)、シリコン
Size: W54 × H90 × D54 mm
Design: 乾 陽亮
Photo: 梅田 彩華(梅田彩華写真事務所)

販売価格:¥41,000(税別)
※文字彫刻は別途

ご購入、仕入れなどのご相談は「柒+(nanaplus)」まで。

販売:柒+(ナナプラス)事務局(吉田松蔵商店内)
〒522-0085 滋賀県彦根市新町39
TEL.0749-23-8322
FAX.0749-23-8321
Email info@nanaplus.jp
URL https://www.nanaplus.jp

関連記事一覧